ブログ

Blog

  • Home
  • >
  • ブログ
  • >
  • Web制作
  • >
  • 素材集の使用許諾にある「制作サービスの禁止」って何のこと?

ログ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

もどる

素材集の使用許諾にある「制作サービスの禁止」って何のこと?

2013.08.07  Junji

Web制作 ]

Good? Bad?

「ここにサラリーマンの写真が欲しいな。」→「素材集を使おう。」
「夏だからスイカのイラストがあったらいいな。」→「素材集を使おう。」
のように、デザインの仕事ではたびたび素材集を使うことがあると思います。

私もWebデザインの仕事でいろんな素材集を使ってますが、ある素材集の使用許諾に気になった一文がありました。

素材データを利用した商用目的の制作サービスは、使用の方法を問わず禁止します

と書いてありました。

商用利用可なのに商用目的の制作サービスはダメってなんだろう?
自社の宣伝には良いけど、他社から請け負った制作の仕事ではダメなの?
まさかデザインの仕事で使えない!?

と気になりましたので調査しました。

素材集のよくある使用許諾

無料・有料を問わず素材集でよくある使用許諾を簡単にまとめると、

してもいいこと

●商用利用OK
●クレジット表記はいらない
●加工OK

してはいけないこと

×配布したらダメ
×メインで使用したらダメ(※条件によりOKな場合もあり)
×製品化する商品に使用したらダメ(※条件によりOKな場合もあり)

ということが多いです。その中で、今回気になっている「制作サービス禁止」はいくつかの素材集に書いてありましたが、次の通り書き方が少しづつ違っていました。

素材集ごとに違う「制作サービス禁止」の書き方

素材集Aの場合

素材データを利用した各種制作サービス(名刺・カード類・雑貨類の作成、写真加工など)での使用は禁止

素材集Bの場合

収録データを利用した商用目的の制作サービスは禁止(カタログ、文房具など収録データをサンプルにしてオーダーを取る業務)

素材集Cの場合

素材を使用した各種制作サービス(名刺、カード類、雑貨、ブログデザイン等)の請負業務は禁止

各素材集ともに共通していることは「制作サービスの禁止」「名刺やカタログなどの仕事を請け負うことの禁止」ですね。

ここで気になったキーワードが「収録データをサンプルにしてオーダーを取る」というところです。素材集Bにしか書いてありませんが、素材集Aも素材集Cにも言えることでしたら、「制作サービスの禁止」の「制作サービス」とは、素材集のデータをそのままサンプルとしてお客さんに見せて仕事を取って制作するサービスのことではないかと思いました。

ということは、他社や個人のお客さん、つまり第三者から仕事を依頼されてデザインを制作する仕事は「制作サービスの禁止」の「制作サービス」に含まれないのかもしれないと考えました。

ここまではただの予想でしかないので、確実にデザインの仕事で使って大丈夫かを確認するため、各出版社にメールで問い合わせました。

各出版社にメールで問い合わせた結果

メールで問い合わせ

当事務所が所有している素材集の各出版社にメールで問い合わせました。
各出版社名と問い合わせ先のページをご紹介します。

●エムディエヌコーポレーション様
問い合わせ先:http://www.mdn.co.jp/di/articles/1229/?page=4

●技術評論社様
問い合わせ先:http://gihyo.jp/site/inquiry

●翔泳社様
問い合わせ先:http://www.shoeisha.co.jp/book/qa/

●アスキー・メディアワークス様
問い合わせ先:http://asciimw.jp/info/inquiry/select/

どの出版社からも丁寧な返信があり、大変感謝しております。誠にありがとうございました。ご対応の良し悪しの印象に差がでないように、それぞれの返信内容はどの出版社からのものかは伏せておきますのでご了承ください。

問い合わせた内容

使用許諾に「制作サービスは禁止」とありますが、チラシやWebサイトのデザインなど第三者に納品するデザイン制作の仕事に使用することは含まれるのでしょうか。

といった内容で問い合わせました。
※実際は各社で書き方を変えたり、もっと詳しく聞いたりしています。

返信までの日数

問い合わせページには「返信に1週間以上かかる場合があります」と書いてあるところもありましたが、私がメールを送ってから各社とも2~4日間のうちに返信がありました。素早い対応ですね!

返信内容

完結にまとめましたのでご紹介します。

●1つ目の返信

「制作サービス」とは、素材の絵柄を使用し顧客から受注して生産する業務のことです。例えば、素材の絵柄を差し替えて「いろいろなデザインの名刺を制作できます」とサンプルを掲げて制作することは禁止です。
「ポスターやチラシのデザイン」「Webサイトのデザイン」などでご利用いただく場合は、「制作サービス」には該当いたしません。

凄く丁寧で分かりやすい回答でした!

●2つ目の返信

以下が使用許諾と禁止事項です。
~使用許諾と禁止事項(省略)~
本書の使用許諾に従っていただくことで個々の案件についての使用許諾申請等を不要にしているため、個別の事例についてお問い合わせいただいても、具体的なお答えはできません。

この素材集では「制作サービス」についての記述がなかったため、「デザイン制作の仕事は良いか」という質問だけしましたので、具体的な回答が得られなかったのかもしれません。

●3つ目の返信

「有料制作サービス」とは、素材をメインに使ったテンプレートなどを元に受注を募るビジネスや、キャラクターグッズの制作販売等です。
デザイナーの方がチラシやWebデザインにご利用いただくことはまったく問題ございませんので、どうぞお役立てください。

親切な回答でした^^

●4つ目の返信

事前に顧客の方に素材を選んでもらうのでなければ、禁止事項ではありませんので、ご利用いただいてかまいません。

シンプルな回答でしたがよく分かりました。

問い合わせた結果

各社とも(1社を除いて…)「制作サービスは素材をそのまま使って仕事を取るサービス」のことを指しているようですね。なので、「デザインの仕事に使うのはOK」という回答でした!これで安心して各素材集を仕事で使えますね!

まとめ

以上の調査結果は、私が所有している素材集の使用許諾のことのため、他の素材集では違う可能性もありますのでご注意ください。使用許諾で意味が分からないところは各出版社に問い合わせて確認しましょう。

ただ、いろんな素材集の使用許諾で禁止されている「素材データを使用した制作サービス」は、「素材データをサンプルとして使い仕事を受注して制作するサービス」のことである可能性が高いと考えられます。そして、他社やお客さんなどの第三者から仕事を受注しデザインを制作する仕事に使っても大丈夫という可能性が高いという感じです。

曖昧な表現になってしまったのは、素材集ごとに使用許諾は細かく違うので、どの素材集でも大丈夫だと言い切れないからです。各素材集の使用許諾をしっかり確認し、不明なことは各出版社に問い合わせてみると親切に回答してくれると思いますよ^^

最後に

難しい使用許諾

使用許諾ってなんか分かりにくいですよね。例えば、「簡単に書かれていて読みやすいけど詳しいことが分からない」場合もあれば、「詳しく書かれているけど文章が難しいので意味が分からない」場合もあるので、なかなか難しいところだと思います。

例えば私が使っている素材辞典イメージブックの場合、

ライセンスについて:http://www.sozaijiten.com/license/
ライセンスFAQ:http://www.sozaijiten.com/license/faq/ib.asp
使用許諾契約書:http://www.sozaijiten.com/license/ib_license.asp

と、非常に詳しく使用許諾を解説しています。

そして、「使用許諾契約書」の<使用許諾範囲>のところに、

ユーザーは、画像データをそのまま又は加工して、<禁止事項>に該当しない範囲において、広告宣伝用印刷物(チラシ、カタログ、パンフレット等の商品・サービスを広告する印刷物)、ウェブサイトデザインの一部などとして営利・非営利、自己使用・第三者への供給を問わず使用できます。

と明記されています。「第三者への供給を問わず」と書いてますので仕事で使えるということですね。

素材集はデザイン制作の仕事で使うことも多いと思うので、ぜひ他の素材集でもこのように第三者から依頼された仕事でも問題なく使えることを明記して欲しいと思いました。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

上へスクロール

下へスクロール